無糖生活

糖質制限ダイエットブログ

   

糖質制限ダイエット 8週目 [-5.1kg / -2.7%] 6月1日~6月7日

開始からの変化
体重:-5.1kg
体脂肪率:-2.7%

まともに糖質制限を始めてから8週間。約2ヶ月弱が経過しました。

RIZAPでは基本のプランが期間2ヶ月という話なので、劇的なダイエットを成功させていてもおかしくない期間が経過したと言えるでしょう。。

私はというと、そこまで厳しい制限もせず、有酸素運動をほぼ行わない筋トレのみでの成果としてはまあまあなのではないかという程度の成果が出ています。

とは言え、そろそろもっと本気で取り組むべきなんじゃないかと思うところも…

個人的に一つの区切りと考えていた、8週目の体組織推移です。

体重・体脂肪・筋骨格率推移

8week

体重(kg) 体脂肪率(%) 筋骨格率(%)
6/1(月) 65.55 17.3 35.8
6/2(火) 65.10 16.9 35.6
6/3(水) 65.30 17.1 35.9
6/4(木) 64.80 16.7 35.5
6/5(金) 65.30 17.1 35.6
6/6(土) 65.60 17.2 35.3
6/7(日) 65.10 17.1 36.0

65kg台をキープしつつ、1日だけですが64kg台に突入と、相変わらず体重はよく減っています。
また、この週は体脂肪の減少値も高く、ほぼ17%台前半で、2日ほど16%台突入と、かなり良い結果が出ました。

とは言え身体つきが特別変わったようにも思えないため、誤差の範囲と厳しめに見ています。
胃や腸の中に食べ物が残っていると体脂肪が高く計測される体組織計の特徴もあり、全体的に食が控えめだったことがこの結果につながったのでしょう。

数値そのものには特に意味もないので、一喜一憂しないよう気を引き締めて行こうと思います。

食事について

お魚煙らん亭とホームベーカリーを購入したことで、ほとんど毎日魚と自家製ブランパンばかり食べていました。あときゅうりも結構食べました。

魚は超低糖質食品ですが、家で焼くのが難しく(煙が出るので)、フィッシュロースターがない間は食べたくても中々食べられない食品でした。
超低糖質な上、種類や味付けも豊富な魚を手軽に食べられるようになったのは、糖質制限生活においてかなりのアドバンテージだと思います。
糖質制限中の方には、フィッシュロースターはかなりおすすめです。

価格 29,000
商品ランキング 26,101 位

また、ホームベーカリーも糖質制限にはかなり強力なツールです。
ローソンに売っているブランパンも優秀ですが、砂糖、加工でんぷん、増粘多糖類、小麦粉、などが追加されているため、量に対して糖質がまだ多い部分があります。

低糖質のミックス粉を使って自作すると、ローソンの約半分程度の糖質でパンを作ることが可能となり、ミックス粉の種類によっては更なる糖質カットの実現も可能になります。私はまだ使ったことはありませんが、小麦タンパク(小麦グルテン)、オオバコサイリュームを使うなどすれば、そこから更なる糖質カットも可能になるかもしれません。(膨らまないかもしれませんが)

参考価格 33,124 円
価格 35,031
商品ランキング 130,832 位

運動について

ケトルベルトレーニングをパターン化することにより、何も考えずとも高負荷のトレーニングを続けられる状態を作りました。

また、スクワットや腹筋などのメニューも、「出来るだけ少ない回数で限界が来る」ように調整し、負荷を高めました。

自宅の限界もやや感じており、本当はベンチプレス用のマシンや重量のあるダンベルが欲しいなーと思いつつも、引越し時の苦労などを考えると中々手が出ない状況にあります。ケトルベル買った時点で今更な感じもありますが。

有酸素運動は色々面倒なので避けてきましたが、体脂肪の減りがいまいちなこともあり、何かやらざるを得ないのではないかとも考えています。

とは言え帰宅が遅く時間がないため、削れるのは睡眠時間くらいと厳しい状況に悩まされています。

8週目まとめ

・体重、体脂肪共に順調に減っている
・調理器具を色々買ったことで糖質が制限しやすくなった
・特に魚サイコー
・トレーニングにやや悩み
・有酸素運動どうする

順調ではあるものの、期間を無駄に長引かせないために、そろそろ追い込みが必要なのではないかと考えはじめました。

自宅トレーニングの限界、時間の無さをどうカバーするか、比較的緩い制限でのんびりやってきたのをもっとストイックにすべきなのか、など色々な悩みがあります。

ダイエットは続けることが最も大事、続けられる仕組み作りが成功の鍵、との考えは変わりません。
ただ、ダイエット期間があまりに長期化するのも問題で、ある程度の期間できちんと成果を出すことも大切です。

そのためにどこまで負荷をかけるのか、どこまで耐えるのか、これが今後の課題になりそうです。

 -

人気記事

関連記事