無糖生活

糖質制限ダイエットブログ

   

楽天「低糖工房」で糖質制限パン3種類を買ったので食べ比べレビュー

楽天市場の「低糖工房」で糖質制限パンを3種類買いました。

パンを食べたい時、普段はローソンのブランパンなどを購入していましたが、休日の朝や昼など、「外に買いにいくのも面倒だけどちょっと食べたい時」に気軽に食べられるものが欲しいと思って、今回「低糖工房」のパンを購入してみました。

冷凍なので送料が高く、1個あたりの値段が200円前後になってしまうため迷っていましたが、冷凍でいつでも食べられる手軽さに負けて購入してみました。

味はどうだったか、値段の価値があったのか、などレビューを書いたので、興味ある方は読んでみてください。

楽天市場「低糖工房」とは

「低糖工房」は低糖質の食品を販売するお店です。
糖質制限界隈では低糖質パンの販売でよく知られています。

糖質制限でなかなか食べられない主食(パン・麺)、スイーツ(シュークリーム・アイス・パンケーキ)を、糖質を抑えて作り上げ販売しています。
「糖類ゼロメープルシロップ」の販売元として知っている方も多いかもしれません。

5400円以上で送料無料となかなかハードルが高いお店ですが、忙しくて自炊ができない人にとってはありがたい存在です。

低糖質パン3種類を購入

かなり多彩な商品が用意されているので、見るだけで一日終わってしまいましたが、検討した結果、今回は「クロワッサン」「デニッシュシナモンロール」「デニッシュチョコあんぱん」の3種類を買うことにしました。
デニッシュ系のパンが好きなので、これが低糖質で食べれるなら万々歳。

いかし、送料がかかるのがネック…と考えていたところ、送料無料の「デニッシュ4種お試しセット」を発見。

・低糖質クロワッサン 5個
・低糖質デニッシュ食パン 1斤
・低糖質デニッシュシナモンロール 4個
・低糖質デニッシュチョコあんぱん 4個

この内容で3,704円。
結局、食パンがいらなかったので送料無料のクロワッサンにシナモンロールとチョコあんぱんを組み合わせて、欲しいものだけ買うことにしましたが、食パンも食べてみたい人にはお試しに良いと思います。

結果的に購入したのはこちらの3種

【送料無料】『低糖質クロワッサン(1袋10個入り)』1,806円
『低糖質デニッシュシナモンロール(1袋4個入り)』695円
『低糖質デニッシュチョコあんぱん(1袋4個入り)』1,000円

計:3,501円(クロワッサンが送料無料なので、合わせ買いで送料無料に)

夏休み前の注文でしたが、1週間程度で届きました。
それぞれの糖質量、味などについて紹介していきます。

低糖質クロワッサン

IMG_2184

1個あたり

価格 181円
重量 35g
エネルギー 148kcal
タンパク質 6.79g
脂質 11.6g
糖質 1.3g
食物繊維 4.97g
ナトリウム 161mg

※参考までに、ローソンのブランパン(コッペパン型の丸いパン)は、1個あたりエネルギー68kcal/糖質2.2gです。マーガリンを使っている分、クロワッサンの方がカロリーが高く、糖質は少なくなっています。

低糖工房の低糖質クロワッサンは、植物ファイバー・小麦たんぱく原料にリボン食品のマーガリンをなんと48層にも折り重ねて焼いています。
確かに、切ってみると層になっているのがわかります。

見た目はちょっと焼きの足りない普通のパン、と言う感じ。
大きさはわかっていましたがやはり小さめ。

これくらいの大きさです。(他2種のパンも一緒に比較しています)
低糖質クロワッサン

肝心の味ですが、商品説明に「糖質制限パンにあるあるようなクセはなく、外はサックリ中はフワフワモッチリ」とあり、レビューも「普通のパンと変わらない!」「コンビニのブランパンより美味しい!」と大絶賛だったのでちょっと期待しすぎたかな、と言うのが第一印象です。

クロワッサンの「サックリ感」が無いのが、普通のクロワッサンとの一番の違いでしょうか。(あれは小麦とバターのなせる技なので当然と言えば当然ですが)

一番気になったのが「モソモソ感」で、口に入れて噛みしめた際の歯触りが悪く「モソリ、モソリ…」と言う感覚があります。
ブランパンと同じような粉っぽい独特の香りも若干気になりました。

ただ、この二つについては食べる時にいくつか注意すれば回避できる攻略法?を見つけたので、後述します。

食べると手と口の周りが油でヌルヌルするくらいに、マーガリンが効いています。
満足感も出るし、焼いている最中にいい香りがしてくるので、個人的には「味においては」良い方向に捉えています。
トランス脂肪酸が話題になっている今、何故マーガリンを多用したのか…という疑問は残りますが。

クロワッサンか?と聞かれると、確かにクロワッサンだと思います。
「普通のパンより美味しくはないけど、充分クロワッサン。攻略法で普通のクロワッサン並みに変身」と言うのが低糖質クロワッサンの感想です。

低糖質デニッシュシナモンロール

低糖質デニッシュシナモンロール

1個あたり

価格 174円
重量 35g
エネルギー 121kcal
タンパク質 5.5g
脂質 9.3g
糖質 1.5g
食物繊維 4.4g
ナトリウム 130mg

クロワッサン同様に、小麦たんぱくと食物繊維が原料の生地とマーガリンを、今度はなんと96層にも折り重ねてしまったデニッシュシナモンロール。
特別に配合したシナモンパウダーをロールしています。

小ぶりですが見た目は一番美味しそう…でしたが、3つの中では一番の失敗でした。
サックリ感を出したかったのかもしれませんが、クロワッサン以上に「モソモソ感」が強い。
商品ページにあったように軽くトーストしたのですが、逆に固くなってしまいおからクッキーのような固いモソモソ感が出てしまいました。

シナモンの香りも薄く、「これならクロワッサンを自分でカスタマイズした方が良さそう(クロワッサンの方が安いし、甘い系にも食事系にも使えるし)」と言うのが低糖質デニッシュシナモンロールの感想です。

低糖質デニッシュチョコあんぱん

低糖質デニッシュチョコあんパン

1個あたり

価格 250円
重量 63g
エネルギー 226kcal
タンパク質 8.8g
脂質 9.7g
糖質 2.1g
食物繊維 13g
ナトリウム 206mg

※参考までに、ローソンのブランのチョコロール(チョコクロワッサン風のブランパン)はエネルギー232kcal/糖質13.9gです。

シナモンロール同様に、食物ファイバーが主原料のデニッシュを96層におり重ね、中にチョコあんクリームが入っています。
ローソンのブランチョコロールの糖質量と比較するとチョコパンで糖質量2.1gと言うのがすごすぎですが、キーはチョコ部分でしょうか。
スイートチョコに低糖質あんを混ぜているので、チョコレートの量はかなり少ないのかもしれません。

これはなかなか美味しかったです。
チョコあん部分は、まったくあんこを感じず完全にチョコレート味。
シナモンロールと同じ生地のはずですが、ねっとりとしたクリームと一緒に食べる分、モソモソ感が気になりません。

味としては合格点なのですが、高い。流石に高すぎる。
このパン、表面積はそこそこありますが、ぺったんこなのでボリュームが少なく感じ、なおさら高く感じます。
「完全にチョコパンだけど高い!」と言うのが低糖質デニッシュチョコあんぱんの感想です。

糖質制限パンを美味しく食べるコツ

低糖工房の植物ファイバーパンと言うのは初めて食べたのですが、一番気になったのは食感でした。
何回か食べてみて美味しく食べれる方法がわかってきたので、紹介したいと思います。

1.焼かない

お店のオススメ方法をいきなり否定する方法になってしまいましたが、焼かない方が美味しいです。
冷凍の状態でレンジでチンするとふわふわになりますが、焼くとサックリと言うよりガチッと固くなってしまい、モソモソ感がつよくなります。
サックリパンは諦めて、フワフワパンで美味しく食べる方法を模索した方が、美味しく食べられます。

2.濡れているものをはさむ

モソモソ感を打開する為に編み出した方法がこちらです。
オススメは、タマゴフィリングやツナフィリング。
幸いタマゴとツナ缶は糖質制限にはうってつけの存在なので、マヨネーズとあえて挟むと美味しいです。

3.香りの強いものをはさむ

パン自体の香りが気にならなくなります。
スライスチーズが良く合います。

4.ボリュームのあるものをはさむ

これはパンの小ささを解消する方法ですが、1つが小さいのでパン単品で食べるとさすがに物足りないです。
たくさんのレタスなど野菜と、タマゴフィリングをたっぷりはさんでボリュームを出すと、クロワッサンサンドを食べてる!と言う満足感がかなり出ます。

ちなみに、レンジでチンするとふわふわすぎて切れないので、凍った状態で切ってからチンすると挟みやすくてオススメです。

5.バター

自作のブランパンもそうですが、バターをぬるともそもそ感が目立たなくなり、香りもバター一色になります。
元の味を根底から否定することにはなりますが、「バター塗ったら大体美味しい」は事実なので、バターに頼るのもありです。

低糖質パンのデメリット・気になる点

価格の高さ、味のいまいちさはともかく、成分的にどうしても気になる点が一つ。
皆さんお気づきかと思いますが原材料名のTOPに位置しているマーガリンです。

低糖工房はマーガリンを古くから製造販売してきたリボン食品株式会社が運営しています。そのため、多くの商品にマーガリンが大量に使われています。

マーガリンはトランス脂肪酸を多く含むため(最近の製品はかなり含有量を減らしているという話もあります)、悪玉コレステロールの上昇などの悪影響を及ぼす可能性があると言われており、欧米など元々のトランス脂肪酸摂取量が多い国では危険な食材と考えられています。
日本人の場合、そもそものトランス脂肪酸摂取量がそこまで多くないため、海外の研究結果を日本にそのまま当てはめることは出来ないと考えられていますが、やはりそれでも健康に気を遣う糖質制限実践者からすれば気になる食材になります。

個人的には、「5年も10年も食べ続けるわけじゃないので、特に気にしない」というスタンスですが、糖質制限実践者の中にはこういった事を非常に強く気にする方もいるため、万人にはお勧めできない商品と言えます。

最後に:買って良かったか?

デメリットを多く挙げてしまいましたが、小さめとは言えパン1つで糖質量1.3g~2.5gと言うのはかなり驚異的な数字だと思います。
これならハードな糖質制限をしている人でもクリアできる数字ではないでしょうか。

味も、美味しい!とは思いませんが充分食べれる味です。何より、冷凍でいつでも食べれるのはかなり便利。
今回利用してみて、「家に何もない」と外食してしまったりコンビニで買ってしまう事が減りました。

私は今はそこまでハードな糖質制限は行っていませんが、ハードな糖質制限中に「何でもいいからパンを食べたい」と思ったことは何度もあったため、そういった状況の方には十分に救いになるとも感じました。

スーパー糖質制限を短期でやる方や、どうしても間食をしたくなってしまう方は、一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

 -

人気記事

関連記事