無糖生活

糖質制限ダイエットブログ

      2015/06/06

糖質制限ダイエット -1週目 4月6日~4月12日

糖質制限、週刊レポートのマイナス1週目です。

本格的な糖質制限を始める前に、主食だけを抜いたプチ糖質制限を行っていた期間の体重・体脂肪・筋骨格率の推移について書いています。

2週間のプチ糖質制限に意味はあるのか、体組織はどんな推移をするのか、見ていきます。

体重・体脂肪・筋骨格率推移

マイナス1週目

体重(kg) 体脂肪率(%) 筋骨格率(%)
4/6(月) 70.95 20.2 34.4
4/7(火) 70.55 19.8 33.8
4/8(水) 69.95 19.4 33.8
4/9(木) 70.60 20.0 34.2
4/10(金) 70.00 19.6 34.2
4/11(土) 70.70 20.0 34.2
4/12(日) 70.20 19.8 34.4

月曜いきなり体重が増加していますが、これは日曜に結構食べたからだと思います。
厳密にルールを決めていないことにより、食事の変化に対して寛容になってしまうのがプチ糖質制限の弱点だと思います。要するに私のせいなんですが。

主食は抜いていたはずなのに、全体的に先週より体重が増えています。そして体脂肪率も別に減ってない。なぜ。

一応のプチ糖質制限を行ったはずなのに、なぜか体重・体脂肪共に増える週になってしまいました。

プチ糖質制限は効果がない?

「お前が日によって食ったり食わなかったり適当なことしてるから悪いんだろ!」と言われてしまえばその通りなのですが、一応は糖質の温床である主食(ごはん類、麺類、パン類)を除いた生活をしていたにも関わらず、何故か体重が増加しています

プチ糖質制限を2週間続けてみましたが、2週間という期間は、効果が少しづつ出始めていてもおかしくない期間ですので、ここまででダイエット効果を一切感じられなかった以上、多少糖質を減らしたくらいでは効果は薄いのかもしれません。

マイナス1週目まとめ

・主食だけ減らしたプチ糖質制限を2週間実行
・食べる量を明確にしていないため、気分で食べたり食べなかったりしてしまう弱点発覚
・ダイエット効果はデータ上は特に見られず
・むしろ体重も体脂肪も増えた

散々な結果でしたが、この2週を経て、より本格的な糖質制限を行う決意が固まりました。
このサイトを作ったのも、これ以降食事の写真を全て撮るようにしたのも、この期間の「しっかり厳しくやらないとあまり意味がない」という体験がキッカケになっています。

翌週からは、本格的な糖質制限を行った結果をレポートしていきたいと思います。

 -

人気記事

関連記事